診療案内

CT検査
 
睡眠時無呼吸検査
CT検査

松本呼吸器・内科では末広地区のクリニックで唯一CT検査機器を保有しています。CT検査では数分の検査時間で体の断面を撮影し、体の中の様子を詳しく調べることができます。肺炎や肺がんのなどの呼吸器内科の病気だけでなく、肝臓・胆のう・すい臓・腎臓をはじめとした腹部の消化器系・泌尿器科系。婦人科系の病気の診断に有効です。

 

 

 

 

 

 
呼吸機能検査

煙草が原因で起こるCOPDは咳・痰・いき切れが特徴ですが、症状が表れにくいため、適切に診断されている人はCOPD患者さんの10%に過ぎないと言われています。早期診断することで症状を改善することができます。診断には呼吸機能検査(肺活量検査)が大切ですが、当院では呼吸抵抗検査で簡単にスクリーニングが行えます。喘息の診断にも有効です。

 

 
24時間心電図検査
 

狭心症・不整脈の診断の際に行います。携帯型の心電計を装着して1日の心臓の活動を記録します。体への負担はなく、通常通りの生活をしていただきますが、入浴はできません。

 

 

いびきが気になっていませんか?いびきをかいている方のなかには睡眠中に呼吸が止まっている人が少なくありません。日本人の200万人が罹患していると言われており、まれな病気ではありません。睡眠時無呼吸症候群を無治療で放置すると心筋梗塞や脳卒中になる危険性が高いことがわかっています。

 

 

動脈硬化測定

生活習慣病である糖尿病・高血圧・脂質異常症はいずれも動脈硬化の原因となります。動脈硬化が進行すると心筋梗塞・脳卒中といった血管の病気にかかりやすくなります。動脈硬化の程度を定期的に測定して、血管の病気の予防を行っています。

​検査は血管の硬さを調べる検査と超音波検査を組み合わせて行います。

 

超音波検査
 

超音波の働きで体の断面を映し出します。腹部・心臓・甲状腺・頚動脈の検査を行っています。

 

アクセス